邦画 邦画コメディ 邦画ホラー 邦画時代劇

東海道お化け道中

邦画

製作年度:(1969)
製作国:日本

出演: 本郷攻次郎, 保積ペペ, 戸浦六宏
監督: 安田公義

解説

『妖怪百物語』『妖怪大戦争』に続くシリーズ第3弾。祖父甚兵衛をヤクザの勘蔵に殺された少女お美代。死に際に甚兵衛は、死んだはずのお美代の父が実は生きていると言い残す。彼女は唯一の手がかりであるサイコロをもって父を探す旅に出る。ところが口封じのため命を狙う、勘蔵の手下が彼女に迫っていた。お美代は道中に知り合った百太郎の助けを借りて父の行方を探すが……。

あらすじ

東海道は藤川の宿外れに「鬼塚」と呼ばれる古墳があった。
その鬼塚でやくざ同士のいざこざから塚守りが殺された。
間一髪凶行から逃れた塚守りの孫娘・お美代は、やくざ一家の追っ手から逃れるため、父を訪ねて東海道を下るのだが……。

タイトルとURLをコピーしました