洋画 洋画パニック 洋画ホラー

吸血怪獣 チュパカブラ

洋画

A NOITE DO CHUPACABRAS
製作年度:(2011)
製作国:ブラジル

出演: メイラ・アラルコン, キカ・オリヴェイラ, マークス・コンカ, マーゴット・バナッティ
監督: ロドリゴ・アラガオ

解説

熱帯雨林に囲まれたブラジル南部・ペロカオ。
この豊かな土地を巡って、二つのファミリー、シルヴァ家とカリバリョ家は長きに渡り権力抗争を続けていた。
ある日、シルヴァ家の家畜たちが惨殺されるという事件が起こる。首元には牙の跡があり、血を抜かれたような死に方だった。
カリバリョ家の仕業だと思い込んだシルヴァ家の男たちは銃を手に敵地に乗り込み、血みどろの争いが幕を開けることとなる…。
争いは徐々にエスカレートしていく。弱者は強者の手により無残に殺されていき、怒りと恨みで人々はみな、次第に正気を失っていくのだった。
醜い抗争のなかで、その生き物が突如現れた。全身が棘に覆われ、大きな目と鋭い牙をもち、血を求めて襲い掛かる生物。
伝説のUMA(未確認生物)チュパカブラそのものだった。人間たちの憎しみあう心がこの怪物を産み出したのだ。
人々の争いに乗じるかのごとく、チュパカブラは次々に人間たちを襲いだすのだった…。

タイトルとURLをコピーしました