洋画 洋画コメディ 洋画犯罪

バーニー/みんなが愛した殺人者

洋画

BERNIE
製作年度:(2011)
製作国:アメリカ

出演: ジャック・ブラック, シャーリー・マクレーン, マシュー・マコノヒー, ブレイディ・コールマン, リチャード・ロビショー
監督: リチャード・リンクレイター

解説

『スクール・オブ・ロック』のジャック・ブラックとリチャード・リンクレイター監督が再びタッグを組んだブラックコメディー。町の有名人が、気難しくて煙たがられている老女を殺害した、1996年にテキサスで実際に発生した事件のてん末を、当事者を知っている住民たちの証言を挿入しながら描く。ジャックふんするバーニーには心を許していた偏屈者を、オスカー女優シャーリー・マクレーン、バーニーを追及する地方検事を、実力派マシュー・マコノヒーが演じる。

あらすじ

テキサス州の片田舎で葬儀屋を経営するバーニー(ジャック・ブラック)は、誠実な人柄で町の誰からも愛されていた。やがて彼は、金持ちの未亡人マージョリー(シャーリー・マクレーン)と仲良くなり、いつしか銀行口座の管理を任されるほど信頼されるように。しかし、ふとしたことで彼女を殺害してしまったバーニーは、その後もマージョリーが生きているかのように振る舞い……。

タイトルとURLをコピーしました