洋画洋画ドラマ洋画伝記

HUNGER/ハンガー (2008)

洋画

HUNGER/ハンガー 静かなる抵抗
HUNGER
製作年度:(2008)
製作国:イギリス/アイルランド
映倫 R15+

出演: マイケル・ファスベンダー, リーアム・カニンガム
監督: スティーヴ・マックィーン

解説

『SHAME -シェイム-』『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックィーンと、マイケル・ファスベンダーがタッグを組んだ人間ドラマ。1981年、収監されたアイルランド共和軍(IRA)のメンバーが信念を貫くためにハンガーストライキを実行した、北アイルランド紛争の実話に基づいて映画化。共演は、『麦の穂をゆらす風』などのリーアム・カニンガム、『ダブリンの時計職人』などのスチュアート・グレアム。体を張ったマイケルの役づくり、初の長編映画監督作となったマックィーン監督による映像美も見どころ。

あらすじ

1981年、北アイルランドの刑務所。イギリス首相マーガレット・サッチャーの弾圧によってとらわれているボビー・サンズ(マイケル・ファスベンダー)らアイルランド共和軍(IRA)の囚人たちは、その信念のために看守への抵抗を続けていた。一方看守は暴力によって抵抗活動を食い止めていた。そこで彼らは、最終手段としてハンガーストライキを実行する。

タイトルとURLをコピーしました