邦画 邦画ドラマ 邦画青春

実芭蕉(バナナ)

邦画

製作年度:(2013)
製作国:日本

出演: 若人あきこ, 服部竜太郎, 鍛代良, 宇田川大介, 阿久沢麗加
監督: 村松英治

解説

“青春”と“H”をテーマに作家性の強い作品を送り出す“青春H”シリーズ第30弾。心中する場所を探す男女とその女に一目ぼれした男のいびつな恋愛模様を描くロードムービー。監督・脚本は、「東京うんこ」の村松英治。出演は、映画初出演の堀内暁子、「天使突抜六丁目」の服部竜三郎、「きをつけてね」の鍛代良。

あらすじ

ショウ(服部竜三郎)とハナ(堀内暁子)はリュックにおやつを入れ、電車に乗って旅に出る。親からの愛情を受けずに育った2人は、同じ境遇の者同士寄り添いながら、心中する場所を探していた。2人は食堂に立ち寄り、店主に罵られながら働くミノル(鍛代良)と出会う。何も注文せずに持ってきたバナナを食べるハナに一目ぼれしたミノルは、自分の料理を振る舞おうと2人を追いかけてくる。ミノルの姿をみとめたショウは、ハナの喜びそうなところへの道案内をミノルに頼む。湯けむりのなか、一見穏やかに過ごす3人だったが、周りに気を遣っているつもりのショウの振る舞いが少しずつハナを傷つけていた。しかしショウを慕うハナは、やがてある行動に出る……。

タイトルとURLをコピーしました