邦画 邦画エロス 邦画ドラマ

ヘクトパスカル~疼く女~

邦画

製作年度:(2009)
製作国:日本

出演: 穂花, 内田亮介, 幸将司, 里見瑤子, 谷川みゆき
監督: 亀井亨

解説

テレビドラマ「幼獣マメシバ」を手掛け、映画『心中エレジー』では国内外で高い評価を得た亀井亨監督が描く珠玉のエロス。主演は亀井監督作品の映画『テレビばかり見てると馬鹿になる』のセクシー女優、穂花。とある町で暮らす未亡人の、嵐の夜になると男を欲するという変わった性癖を描き人間の性とは何かをあぶりだす。人間描写の丁寧さと亀井監督独特の洗練された映像が観る者の心をわしづかみにする。

あらすじ

九州の港町で葬儀屋を営んでいる澪(穂花)は、嵐になると体がうずいてしまう性癖を持つ。それは自分の夫が事故で亡くなった夜でさえ例外ではなかった。人が死ぬことにより生計を立てている彼女を、周囲の人たちは陰で「禿鷹(はげたか)」と呼んでおり……。

タイトルとURLをコピーしました