邦画 邦画コメディ 邦画ドラマ

犬飼さんちの犬

邦画

製作年度:(2011)
製作国:日本

出演: 小日向文世, ちはる, 佐藤二朗
監督: 亀井亨

解説

犬飼という名字とは裏腹に犬が嫌いな主人公が、あることがきっかけで犬を飼うハメになり、いつしか固いきずなで結ばれるようになるまでを描くハートウオーミング・コメディー。監督は『幼獣マメシバ』『ねこタクシー』の亀井亨。犬嫌いの犬飼さんを『アウトレイジ』などの実力派俳優・小日向文世が演じる。犬と人間の触れ合いを見つめた心温まる展開や、テレビドラマ版では明かされなかった犬飼さんが犬嫌いになった理由なども見どころ。

あらすじ

離島にある「スーパー バスコダガマ鳥か崎店」に勤務する48歳の平社員・犬飼保(小日向文世)は、妻の潤子(ちはる)や子どもたちと離れて寂しく単身赴任中。ある日、本社へ出張することになり、犬飼は家族のもとに戻るが、久々に帰ったわが家には、犬嫌いの保に内緒で家族が飼い始めたサモエド犬のサモンがいた。

タイトルとURLをコピーしました