邦画 邦画エロス 邦画サスペンス 邦画ラブロマンス

聴かれた女

邦画

製作年度:(2006)
製作国:日本

出演: 蒼井そら, 大野慶太, 加藤裕人, 西野翔
監督: 山本政志
映倫 R-18

解説

隣室の女性を盗聴しているうちに、想像上の彼女に恋をしてしまう男の妄想と暴走を描くエロティック・ドラマ。『リムジンドライブ』の山本政志が監督を務め、実話をベースにして日常に潜むささいな欲望とエロスを独自の人間観察眼で切り取った。目に見えない恐怖に怯えるヒロインにセクシー女優の蒼井そらが挑み、本格的な映画初主演を飾った。蒼井自身がベッドシーンの演出ほどこすなど体当たりの熱演も見逃せない。

あらすじ

引っ越したばかりのリョウ(大野慶太)は、薄い壁越しの隣室から漏れる皐月(蒼井そら)の生活音に気づき、次第に妄想を膨らませて、ついには想像の中の彼女に恋心さえ抱くようになってしまう。皐月は毎日何者かからかかる脅迫電話に悩まされ、すべてを聴かれていることを知らぬまま、見えない恐怖に怯え続けていたが……。

タイトルとURLをコピーしました