邦画 邦画コメディ 邦画ホラー

一生の?お願い

邦画

製作年度:(2005)
製作国:日本

出演: 松田悟志, 石井めぐる, 福士誠治, バナナマン
監督: 松村清秀

解説

人気若手俳優、グラビアタレント、さらには若手芸人とジャンルを越えて多彩なキャストを迎えて描くドタバタ・ホラー・コメディ。監督はスチールカメラマンとして活躍し、これが監督デビューとなる松村清秀。ある日の夜、なぜか同じ街で奇妙な事件・事故が多発。不幸にも現場に居合わせたばかりに死体を自らの手で処分するハメに陥る人々が続出。そして、偶然にも彼らは同じ廃棄場所へと向かうのだった。ところが、その道中、さらに死体は増えていき…。

あらすじ

無気力な生活を続けるサラリーマンの広瀬圭介(松田悟志)は、ある仕事の帰りの夜、自分のマンションにかくまって欲しいと若い女性に懇願される。その女性を追ってきた体格のいい男と揉みあううちに、男は頭の打ち所が悪く死んでしまう。圭介は、男の死体を捨てようと、謎の女を連れて車で出かける。同時刻、あるコンパ会場でブスの扱いで揉めたサラリーマンの中村(バナナマン日村)は、同僚の男性とコンパ相手の女性を殺害してします。中村もまた、死体のやり場に困って、車を走らせた。同じように死体の処理に困った人間が、動けば動くほど、次々と死体が増えていく摩訶不思議な現象が、同時多発的に勃発する。圭介の知り合いの奈々子(石井めぐる)、全く関係ないと思われた小出(福士誠治)までを巻き込み、死体処分ツアーに集結した一行は、ある共通点があった…

タイトルとURLをコピーしました