邦画邦画コメディ

アテンションプリーズ スペシャル ~ハワイ・ホノルル編~

邦画

製作年度:(2007)
製作国:日本

出演: 上戸彩, 錦戸亮, 相武紗季, 上原美佐, 笛木優子

解説

キャビンアテンダントとしての一歩を踏み出した美咲洋子(上戸彩)は、持ち前の明るさを武器に国
内線の乗務をこなしていた。そんなある日、洋子や弥生(相武紗季)、関山(大塚ちひろ)は、国際
線に乗務するための訓練を受けるために訓練センターに行くよう命じられる。一方、航空整備士の翔
太(錦戸亮)は、一等航空整備士試験に挑んでいた。すでに学科試験は終わり、最後の実技試験を受
けるという段階だ。訓練センターを訪れた洋子たちは、かつての教官で、国際線移行訓練を担当する
インストラクター・三神(真矢みき)と再会する。再会を懐かしむ洋子たちを尻目に、厳しい口調で
、さっそく授業を始める三神。ミールサービスやカクテルサービスなどの国際線の業務を学んだ洋子
たちは、実際に国際線に乗務して学ぶOJT(オンザジョブトレーニング)に進む。洋子がOJTを受ける
のはホノルル便。副操縦士は堤(小泉孝太郎)、洋子のインストラクターを務めるのは、苦手な先輩
CAのカオル(笛木優子)だ。しかも、洋子の乗務する便には、三神も乗っていた。なんとかホノルル
に到着した洋子は、浜辺でフラダンスを踊っている一団を目にする。それを見て、一緒に踊りたい、
とはしゃぐ洋子。すると三神は、アロハの心もわからない洋子には踊れない、と告げる。断言した洋
子は、リサ(原田夏希)という女性を紹介してもらい、フラのコーチを頼む。そしてある日、洋子は
、リサが男性ともめているところを目撃する。その男は、洋子たちの便に乗っていた轟(正名僕蔵)
だった。

タイトルとURLをコピーしました