洋画洋画ラブロマンス

愛の言葉 (2014)

洋画

製作年度:(2014)
製作国:韓国

出演: ソンモ, ジヒョク, チン・セヨン
監督: ハン・サンヒ

解説

韓国の人気K-POPグループ超新星のソンモとジヒョクが出演を果たし、大ヒットドラマ「冬のソナタ」のロケ地春川を舞台に描くラブストーリー。病に倒れ言葉をうまくしゃべれなくなってしまった主人公が、愛する女性と接するうちに生きる喜びを再認識する姿を描き出す。メガホンを取るのは、日韓合作で宮崎あおいらが出演した『初雪の恋 ヴァージン・スノー』のハン・サンヒ。美しいピアノの旋律が心地よい、ピュアで繊細な物語に心揺さぶられる。

あらすじ

脳腫瘍の手術をしたものの後遺症で言語障害が残ったテオ(ソンモ)は、ピアノの調律師をしながら春川で暮らしていた。彼は網膜色素変性症を患い、目が見えなくなって治療のために村にやって来た元人気歌手インハに心奪われる。テオはただ彼女のことを見つめるだけだったが、ある日、偶然インハの歌にピアノの伴奏をつけることになり……。

タイトルとURLをコピーしました