アニメアニメSF

ヤマトよ永遠に

アニメ

製作年度:(1980)
製作国:日本

出演: 富山敬
監督: 舛田利雄, 松本零士

解説

大人気アニメ作品「宇宙戦艦ヤマト」劇場版の第3作目で、スターシャの娘・サーシャが登場する。ヤマトの乗組員の苦難に満ちた戦いを描くスペース・ロマン。製作総指揮=西崎義展。原作=松本零士、西崎義展。監督=松本零士・舛田利雄・勝間田具治。西暦2202年、地球にミサイル型の巨大な物体が接近していた。その物体の飛行ルートにあった基地では、すべての住人が何の外傷もないまま死に絶えていた。その後、ミサイルは地球に着陸。ミサイルとともにやってきた無数の異星人兵士によって、首都は一瞬にして制圧されてしまう。古代進を初めとする元ヤマトの乗組員たちは、惑星“イカロス”にある宇宙戦艦ヤマトに乗り込むため地球脱出をはかるが、森雪が銃弾に倒れ、やむなく彼女を置いて飛び立つことに。たどり着いたイカロスには、スターシャの娘・サーシャがいた。なんとサーシャはたった1年間で大人の女性へと成長していたのだ。新艦長の元、新たな乗組員を加え、ミサイルの起爆装置があるという暗黒星団帝国へ向かう古代たち。果たして、彼らを待ち受ける驚愕の事実とは? そして、地球に残された雪の運命は…!?

タイトルとURLをコピーしました