洋画洋画ドラマ洋画伝記洋画音楽

ショパン 愛と哀しみの旋律

洋画

CHOPIN. PRAGNIENIE MILOSCI
CHOPIN: DESIRE FOR LOVE
製作年度:(2002)
製作国:ポーランド

出演: ピョートル・アダムチク, ダヌタ・ステンカ, ボジェナ・スタフーラ, アダム・ヴォロノーヴィチ
監督: イェジ・アントチャク

解説

数々の名曲を生み出し、今もなお世界中で愛される天才作曲家フレデリック・ショパンの運命と愛に翻弄(ほんろう)された半生を描いた伝記ドラマ。祖国ポーランドを離れ、長期にわたって病に苦しみながらも美しい至高の音楽を生み出し続けたショパンと、恋多き女として名をはせたジョルジュ・サンドとの運命的な愛を紡ぐ。世界的チェリスト、ヨーヨー・マ、『戦場のピアニスト』の演奏で知られるヤーヌシュ・オレイニチャクら豪華アーティストが奏でる名曲の数々が全編を彩る。

あらすじ

帝政ロシアの専制支配下にあった19世紀ポーランド。
愛国心を胸に秘めた若き作曲家フレデリック・ショパンは、
ロシアの圧政に蹂躙されていく母国の姿に心を痛めながらも、自由な芸術活動を求めてポーランド出国を決意する。
パリでは音楽が認められず失意の底にいたが、当代随一の人気作曲家フランツ・リストの計らいで念願のパリ・デビューを果たし、たちまちサロン界の寵児となった。
名声の階段を昇りつつあった彼は、稀代の人気作家ジョルジュ・サンドと運命的に出会い、彼女の情熱に飲まれるように愛が始まる。
彼女の大いなる愛のもと、彼も音楽にのめりこむが、ふたりの愛は平穏なままではいられなかった。
サンドの子・長男モーリスと長女ソランジュが引き金となる愛の悲劇。
9年に及ぶサンドとの日々は、ショパンの運命と音楽そのものにも、激動の変化をもたらしていく。

タイトルとURLをコピーしました