邦画邦画コメディ邦画ドラマ邦画ファミリー

円卓 こっこ、ひと夏のイマジン

邦画

製作年度:(2014)
製作国:日本

出演: 芦田愛菜, 伊藤秀優, 青山美郷, 入江甚儀, 丸山隆平
監督: 行定勲

解説

大阪の団地で大家族と暮らすちょっぴり偏屈な小学3年生の少女のひと夏の成長を、ユーモラスに描いた感動作。「きいろいゾウ」などで知られる西加奈子の小説を、『世界の中心で、愛をさけぶ』など数々の話題作を放ってきた行定勲監督が映画化。人気子役の芦田愛菜が初めて映画で主演を務め、関西弁で毒づくなどこれまでのイメージを覆す新境地を開拓した。共演には八嶋智人、いしだあゆみ、平幹二朗、関ジャニ∞の丸山隆平ら多彩な顔ぶれがそろう。

あらすじ

小学三年生のこっこ(芦田愛菜)は、大阪の狭い団地で8人の大家族で暮らしている。
お父さんとお母さん、おじいちゃんとおばあちゃん、そして三つ子の姉たち・・・。こっこは、みんなにうんと愛されている。
だけど、こっこはそんな絵に描いたような幸せな毎日が疎ましくて仕方がない。
孤独に憧れるこっこにとっては、人と違うことが一番「かっこええ」ことなのだ。
その憧れの眼差しは、ある日突然、眼帯をしてきたクラスメイトの香田めぐみさんだったり、一番の仲良しで吃音のぽっさんに向けられる。
そんなこっこの夏休みが始まった。日常とちょっとした非日常の間で、小さなこっこの大冒険が始まる。
祖父が教えてくれた“イマジン”(想像すること)という言葉を胸に抱いて、こっこは少しずつ大人になってゆく・・・。

タイトルとURLをコピーしました