洋画洋画ドラマ洋画犯罪

プライド&グローリー

洋画

PRIDE AND GLORY
製作年度:(2008)
製作国:アメリカ/ドイツ

出演: エドワード・ノートン, コリン・ファレル, ジョン・ヴォイト
監督: ギャヴィン・オコナー

解説

撃たれた警官4名。2名は死亡、残り2名も重体。
ニューヨーク市警による麻薬取引の手入れは最悪の結果に終わり、レイ・ティアニー刑事が特別捜査班の指揮を命じられる。
彼はこの事件に因縁めいたものを感じていた。
待ち伏せに遭った警官は、彼の兄の部下であり、同僚である義理の弟ともチームを組む機会が多かったのだ。
レイが事件を究明するにつれ家族の絆が試され、兄弟の間に溝が深まる。
エドワード・ノートン、コリン・ファレル、ジョン・ヴォイト、ノア・エミリッヒ競演による、シビアな現実とタフな選択に向き合う警官一家を描いた、ザラリとした手触りの緊張感みなぎる物語。

タイトルとURLをコピーしました