邦画邦画サスペンス

女囚さそり 701号 怨み節

邦画

製作年度:(1973)
製作国:日本

出演: 梶芽衣子, 田村正和, 細川俊之, 金井由美, 土方弘
監督: 長谷部安春

解説

猛る! 黒い殺意! 復讐の呪経が闇中にひびき、さそりの刑事(デカ)狩りが始まる
キラリ、この眼が光った!さそりの執念は裏切りへの復讐に燃えさかる!
“怨”の炎をたぎらせて、ひとり復讐に生きる女──“女囚さそり”シリーズ第4弾。刑務所を脱走し、花嫁衣裳の着付けをしながら身を隠す、さそりこと松島ナミ。だが、鬼警部・児玉の執拗な捜査により居場所を突き止められて逮捕される。その護送中、取り囲む刑事たちの目を盗んで再び逃走したナミは、場末のヌード劇場へ。そこで、舞台の照明係をしている元学生運動家の工藤と出会う。彼もまた、学生運動で警察に捕まり、自分に壮絶な拷問をかけた刑事に対して復讐の念を抱いていた。その刑事とは、ナミにつきまとうあの児玉だった。ナミは、自分と同じ経験を持つ工藤に心を許すが、やがてその工藤にも裏切られて復讐心を燃やし、児玉と工藤を殺して人間不信の逃走を続けるのだった。梶芽衣子がハマリ役、怨念の世界に生きるさそり=松島ナミに扮して好演。さらに、本作が東映初出演となる田村正和が工藤役に体当たりする他、細川俊之、中原早苗、渡辺やよい等、異色のキャスティングで放つ注目作。伊藤俊也監督から長谷部安春監督にバトンタッチされた今回、クールなさそりの怨念もさらにエスカレート。さそりの“怨み節”が地の果てまで響きわたる。

タイトルとURLをコピーしました