邦画邦画ドラマ

樹の海

邦画

JYUKAI THE SEA OF TREES BEHIND MT.FUJI
製作年度:(2004)
製作国:日本

出演: 萩原聖人, 井川遥, 池内博之, 津田寛治, 塩見三省
監督: 瀧本智行

解説

富士山麓に広がる青木が原樹海を舞台に4つのエピソードが繰り広げられる群像劇。メガフォンをとるのは、本作で念願の監督デビューを果たす瀧本智行。出演は萩原聖人、井川遥、池内博之、津田寛治、そして塩見三省らの実力派。重いテーマを扱いながら、デビュー作とは思えない完成度の高さに仕上がっている。

あらすじ

霊峰富士の麓に広がる広大な緑の海・青木ヶ原樹海。この“樹の海”を舞台に、編み込まれてゆく4つの物語。
借り逃げした女を追いかけ、樹海へと足を踏み入れた消費者金融を営むタツヤ(池内博之)の不安。樹海で自殺した女性と、自分が一緒に写っている写真を探偵(塩見三省)に見せられるサラリーマン、山田(津田寛治)のとまどい。日々何事にも関わらず、自分の経歴を隠し続けて駅売店に勤める手島(井川遥)が樹海へと向かう、思いつめた目。公金横領の罪を一身に背負わされ、樹海に放り出された朝倉(萩原聖人)が、自殺志願者の男と森の中で出会ったときの驚き、そして…。
“死”という事態に直面したときにこそ、見つめ直せる“生”。「生きよう」という願いを編み込み、「人間ドラマ」を紡ぎだす。

タイトルとURLをコピーしました