洋画洋画コメディ洋画ドラマ

おじいちゃんの里帰り

洋画

ALMANYA – WILLKOMMEN IN DEUTSCHLAND
製作年度:(2011)
製作国:ドイツ/トルコ

出演: ヴェダット・エリンチン, ラファエル・コスーリス, ファーリ・オーゲン・ヤルディム
監督: ヤセミン・サムデレリ

解説

トルコ系ドイツ人2世の新鋭ヤセミン・サムデレリ監督が妹ネスリンと共同脚本を手掛け、姉妹の実体験を基に描く感動作。1960年代半ばにトルコ移民としてドイツに定住した一家の家長である祖父を中心に、家族の歴史や絆を優しさとユーモアたっぷりに描き出す。頑固だが心優しい祖父を、ヴェダット・エリンチンが好演。まるでおとぎ話のように語り継がれる、ごく一般的な家族の感情豊かな日々の暮らしが胸に染みる。

あらすじ

1960年代にトルコからドイツに移り住んだイルマズ家の主フセインは、
家族を支えるため50年間がむしゃらに働き続け、今や孫もいる大家族のおじいちゃんになった。
そんなある日、フセインがトルコに土地を買ったので故郷へ戻ると言い始める。
家族は反対するが、フセインの故郷への思いに押し切られ、全員でトルコへ行くことに。
ドイツで生まれ育った孫たちは異なる文化への不安を抱くなど、3世代それぞれが悩みや思いを胸に抱き、
トルコへの旅が始まるが…。

タイトルとURLをコピーしました