洋画洋画コメディ洋画ドラマ

バチカンで逢いましょう

洋画

OMAMAMIA
製作年度:(2012)
製作国:ドイツ

出演: マリアンネ・ゼーゲブレヒト, アネット・フィラー, ミリアム・シュタイン, ジャンカルロ・ジャンニーニ, ラズ・デガン
監督: トミー・ヴィガント

解説

『飛ぶ教室』のトミー・ヴィガントが監督を務め、『バグダット・カフェ』で人気を博したマリアンネ・ゼーゲブレヒトをヒロインに迎えたチャーミングな人間ドラマ。ローマ法王への謁見(えっけん)を実現するために一人でローマを訪れた老女が、さまざまな出会いを通して人生の喜びを再発見する姿を活写する。『007』シリーズなどのイタリアの名優ジャンカルロ・ジャンニーニらが共演。困難な人生を笑い飛ばす主人公の明るさと善良さに元気をもらう。

あらすじ

夫を亡くしたマルガレーテは、娘たちとの同居も老人ホームへ行くのも拒否し、ローマ法王(教皇)に会うためにたった一人でバチカンに向かう。
敬虔なカソリック信者として、これまで夫と幸せに暮らしてきたマルガレーテだが、彼女には法王の前で懺悔しなければならないことがひとつだけあった。
はじめてのローマ、マルガレーテはそこでイタリア人の恋人と同棲中の孫娘マルティナの部屋に転がり込む。
バチカンに向かったマルガレーテはイタリア人の老詐欺師ロレンツォと出会う。ロレンツォも他人には明かせない人生の秘密を持っていた。
マルガレーテは持ち前のバイタリティでローマの廃業寸前のドイツ料理店のシェフとなって店を復活させる。
その評判は法王庁にも届き、やがて法王のためにドイツ菓子カイザーシュマーレン作りを依頼されるまでになる…。

タイトルとURLをコピーしました