アニメアニメアクションアニメファンタジー

ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-

アニメ

製作年度:(2012)
製作国:日本

監督: 曽利文彦

解説

『あしたのジョー』の曽利文彦が監督を務め、世界中で大人気のRPGゲーム「Dragon Age:Origins」を基に映画化したアニメーション。原作のダークで壮大な世界観をそのままに、いつの間にか壮絶な戦いに巻き込まれていく女騎士の奮闘を描く。ヒロインの声を担当するのは、『キル・ビル』やテレビドラマ「秘密諜報員 エリカ」などの栗山千明。10分に1度の割合で登場する激しいバトルシーンに目がくぎ付け。

あらすじ

世界を支配するチャントリーと呼ばれる教会で奉仕する騎士カサンドラは、ある晩、師匠のバイロンが一人の少女を抱えて牢獄(ろうごく)から連れ出そうとしている姿を目撃する。カサンドラは、バイロンに少女を連れ出す目的を尋ねると、彼女こそがチャントリーに渦巻く巨大な陰謀の鍵を握る人物だと説明される。すると突如邪悪な魔法使い集団「ブラッドメイジ」の襲撃を受け、激しい戦闘の末、師匠バイロンが身をていして彼女を守るものの、バイロンは命を落としてしまい……。

タイトルとURLをコピーしました