洋画洋画エロス洋画サスペンス洋画ホラー

隣人 ネクストドア

洋画

NABOER
製作年度:(2005)
製作国:ノルウェー/デンマーク/スウェーデン

出演: クリストファー・ヨーネル, セシリエ・モスリ, ユリア・シャクト
監督: ポール・シュレットアウネ(『ジャンク・メール』 『チャイルドコール, 呼声』)

解説

魅惑的な隣人姉妹に翻弄(ほんろう)され、常軌を逸し追い詰められていく男の悪夢を描いたサイコスリラー。長編デビュー作『ジャンク・メール』がカンヌ映画祭などで高く評価されたノルウェーのポール・シュレットアウネ監督が、過激な性描写を交え、一人の男の心の闇をあぶり出す。主人公を演じた『孤島の王』のクリストッフェル・ヨーネルは、本作の演技でノルウェー版アカデミー賞のアマンダ賞最優秀男優賞を受賞した。

あらすじ

恋人に振られ傷心のヨーン(クリストッフェル・ヨーネル)が、ある日仕事から帰宅すると、隣室の美人から家具を動かしてほしいと声を掛けられる。彼女は姉妹で住んでいて、初対面にもかかわらず彼の日常を把握しているかのごとく謎めいた発言を繰り返し、姉アンネ(セシリ・A・モスリ)の留守中、暴行された過去を持つ妹キム(ユリア・シャクト)はヨーンを誘惑。姉妹の不可解な言動に振り回され、ヨーンの日常はゆがみ始めていく。

タイトルとURLをコピーしました