洋画洋画サスペンス

スウィッチ

洋画

SWITCH
製作年度:(2011)
製作国:フランス

出演: カリーヌ・ヴァナッス, エリック・カントナ, メディ・ネブー, オーレリアン・ルコワン, カリーナ・テスタ
監督: フレデリック・シェンデルフェール

解説

限られた期間での自宅交換システムによりある女性が殺人犯に仕立てられ、身元を乗っ取られてしまう恐怖を描いたサスペンス・スリラー。監督は『裏切りの闇で眠れ』のフレデリック・シェンデルフェールが務め、脚本を『クリムゾン・リバー』の原作者ジャン=クリストフ・グランジェが手掛ける。異国の地で猟奇犯罪に巻き込まれ、決死の逃避行を繰り広げるヒロインにカナダの女優カリーヌ・ヴァナッスがふんし、彼女を追う警部役で『エリックを探して』のエリック・カントナが共演する。

あらすじ

モントリオール在住の25才のソフィは、仕事運にも男運にも恵まれず、一人きりのバケーションをどう過ごすかを考えていた矢先、知人に薦められ期間限定のアパート交換サイト“switch.com”を見つける。サイトで知り合った、パリ在住のベネディクトという女性のアパートと交換し、憧れのパリへと旅に出るソフィ。その夜、パリ7区にあるベネディクトのアパートで眠りにつくが、翌朝、異国の優雅なバカンスは悪夢へと変貌する。別の寝室で頭部のない男性の惨殺死体が発見され、ソフィは殺人容疑者ベネディクトとして逮捕されたのだ。警察に事情を説明するものの、凶器にはソフィの指紋が付着し、ベネディクト名義のパスポートには彼女の写真が貼られていた。このときソフィはすべてを悟った。見知らぬ殺人鬼にアパートのみならず、身元まで“スウィッチ”されてしまったことを……。

タイトルとURLをコピーしました