洋画洋画ドラマ

君を想って海をゆく

洋画

WELCOME
製作年度:(2009)
製作国:フランス

出演: ヴァンサン・ランドン, フィラ・エヴェルディ, オドレイ・ダナ, デリヤ・エヴェルディ, オリヴィエ・ラブルダン
監督: フィリップ・リオレ

解説

ドーバー海峡を泳いで渡ろうとするクルド難民の少年と水泳コーチとの人種を超えた交流を描き、難民について鋭く問題提起する感動の人間ドラマ。『パリ空港の人々』『灯台守の恋』のフィリップ・リオレ監督が綿密なリサーチを基に物語を編み出し、フランスでは政治を巻き込んだ論争にもなった。主演には、『すべて彼女のために』などのヴァンサン・ランドン。さまざまな苦難に遭いながらも夢を抱く少年の姿から、世界中で厳しい状況にある難民問題を痛感させられる。

あらすじ

17歳のクルド難民ビラルは、イラクから徒歩でフランス最北端の港町カレにたどり着く。対岸への密航を試みるも失敗、彼にはドーバー海峡を泳いで渡る手段しか残されていなかった。その目的はただひとつーー同郷の出身でイギリスに移住した恋人ミナのもとに向かうこと。
一方、フランス人のシモンは、かつては水泳選手として名を馳せたもの今ではコーチの職に甘んじ、妻とは別居中の身。そんなふたりが市民プールで出会う。少年に泳ぎを指導することは当初シモンにとって、難民支援の活動をしている妻の心を取り戻すために過ぎなかった。
が、不法入国者に手を貸す行為が違法であるこの地で取り締まりの危険にさらされながらも指導は続き、やがてふたりの間には、父子愛にも似た感情が生まれていく・・・

タイトルとURLをコピーしました