洋画洋画ドラマ

ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区

洋画

CENTRO HISTORICO
製作年度:(2012)
製作国:ポルトガル

出演: イルッカ・コイヴラ, ヴェントゥーラ, ヴァルデマール・サントス, リカルド・トレパ
監督: アキ・カウリスマキ, ペドロ・コスタ, ビクトル・エリセ, マノエル・ド・オリヴェイラ

解説

ポルトガルにある世界遺産「ギマランイス」を舞台にした物語を、マノエル・デ・オリヴェイラ監督ら4人のヨーロッパの巨匠が紡ぐオムニバス。孤独なバーの男を主人公にしたアキ・カウリスマキ監督のコメディー、1974年のカーネーション革命を背景に黒人と亡霊の会話を描くペドロ・コスタ監督の異色作、繊維工場跡地で元従業員が思い出を語るビクトル・エリセ監督のドキュメンタリー、観光客の行動をユーモラスに描くオリヴェイラ監督作品の4本で構成される。世界でも屈指の歴史的名所で撮影をしながら、どの短編にも監督の独自の世界観が色濃く刻み込まれている。

あらすじ

ギマランイスのとあるバー。男は朝からランチのための仕込みを行い、客を待っていた。しかし、近所のレストランに次々と客が吸い込まれていく様子を男は目にする(『バーテンダー』)。クーデターに参加したアフリカ系移民労働者の青年ヴェントゥーラ。森で倒れてしまい、その後精神病院に収容された彼は過去の亡霊と出会う(『スウィート・エクソシスト』)。

タイトルとURLをコピーしました