邦画邦画ドラマ邦画ラブロマンス

赤い月

邦画

製作年度:(2003)
製作国:日本

出演: 常盤貴子, 伊勢谷友介, 香川照之, 布袋寅泰, 山本太郎
監督: 降旗康男

解説

直木賞作家・なかにし礼の実体験を基に書かれた同名小説を、『鉄道員(ぽっぽや)』の名匠・降旗康男監督が映画化。主演の波子は原作者に「彼女によって、“波子”は今再び激しく、美しく生きはじめた」と言わしめた常盤貴子。波子を巡る3人の男性に、若手実力派の伊勢谷友介、カンヌ映画祭グランプリ受賞作品『鬼が来た!』で主人公を演じた香川照之、ロック・アーティストでもある布袋寅泰が扮している。戦時下の満州で夫を失い、愛を胸に強く生きるひとりの女性を描いた感動作。

あらすじ

1934年、満州。小樽で生活を営んでいた森田波子は、夫・勇太郎とともにこの地へ移住し、造り酒屋“森田酒造”を開業。やがてこの商売で成功を収めた彼らは3人の子供を育てながら幸せに暮らしていた。また、自由奔放な愛を貫く波子は、かつての恋人で軍人の大杉との再会に胸躍らせ、関東軍秘密情報機関諜報員の氷室へ淡い想いを寄せていた。だが1945年8月、ソ連軍の満州侵攻で状況が一変。勇太郎の留守中に酒屋は崩壊。波子は子供たちを連れ夫のいるハルビンへ向かう。そして、ようやく辿り着いたハルビンで、波子は日本の敗戦を知るのだった。

タイトルとURLをコピーしました