邦画邦画コメディ邦画ドラマ

こっぴどい猫

邦画

製作年度:(2012)
製作国:日本

出演: モト冬樹, 小宮一葉, 内村遥
監督: 今泉力哉

解説

ミュージシャン、俳優、タレントなど、マルチな活躍を見せるモト冬樹の生誕60周年記念作品として放たれる群像ラブストーリー。妻を亡くした初老の作家、彼に恋愛相談を持ち掛ける美女、作家の娘と息子ら15人が織り成す、込み入った恋愛模様を映し出す。メガホンを取るのは、『たまの映画』『ヴァージン』などの今泉力哉。共演には『最低』の小宮一葉、『適切な距離』の内村遥など、舞台劇や自主映画をメインに活動している若手俳優たちが集結。脱力感にあふれたタッチに加え、恋愛の本質を鋭く突いた視点も見どころだ。

あらすじ

『その無垢な猫』という代表作をはじめ、寡作ながらも小説を発表して来た作家の高田則文は、妻に先立たれてから一切小説を書いていない。自分を慕う後輩作家の安藤は今やテレビに出るような人気作家となっていた。娘の夏子も結婚、息子の崇も結婚が迫っている。そんな中で高田は、行きつけのスナックのママから「この店で先生の60歳の誕生パーティーをやろう」と提案されるなど平和な日々を送っていたが、ある日「奥さんがいる人とばかりつきあってしまう」「求められると断れない」というワケありの美女・小夜と出会う。そして「恋愛相談に乗ってほしい」と言われた高田は彼女の家を訪れるが…。
2人の関係は、どうなるのか?そして高田の娘や息子たちにも、それぞれ降りかかってくる問題とは?そして、60歳記念誕生パーティーは無事に開催されるのか…?

タイトルとURLをコピーしました