洋画洋画サスペンス洋画ホラー洋画犯罪

NY心霊捜査官

洋画

DELIVER US FROM EVIL
製作年度:(2014)
製作国:アメリカ
映倫 R18+

出演: エリック・バナ, エドガー・ラミレス, オリヴィア・マン, ショーン・ハリス
監督: スコット・デリクソン

解説

霊感がある刑事が特殊能力を駆使して、人間ではない邪悪な存在が引き起こす怪事件の捜査に挑むサスペンスホラー。元ニューヨーク市警巡査部長のラルフ・サーキの実体験をつづった手記を基に、ヒットメーカーのジェリー・ブラッカイマー製作、『エミリー・ローズ』などのスコット・デリクソン監督が映画化した。事件捜査を通じて常識を超えた異様な世界を目の当たりにする主人公には『トロイ』などのエリック・バナ、共演に『カルロス』などのエドガー・ラミレス。

あらすじ

ニューヨーク市警のラルフ・サーキ刑事は、動物園で我が子をライオンの檻に投げ捨てた女と、妻へ酷い暴力行為をはたらいた男を連続して逮捕した。
関連性のない二つの事件だったが、どちらの加害者も何かにとり憑かれたように半狂乱で、常軌を逸した行動をとっていた。
捜査の中で、自分にしか聴こえない、見えない“何か”があることを感じていたラルフの前に、神父のジョー・メンドーサが現れる。
ジョーは、二つの事件は悪霊によるものであり、ラルフの能力“霊感”を用いて捜査するよう助言。
当初悪霊の存在を信じなかったラルフも捜査が進むにつれその存在を実感し、ラルフとジョーは次第に人間ではない容疑者に近づいていくが…。

タイトルとURLをコピーしました