洋画洋画ドラマ洋画伝記洋画音楽

ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い

洋画

IO, DON GIOVANNI
I, DON GIOVANNI
製作年度:(2009)
製作国:イタリア/スペイン

出演: ロレンツォ・バルドゥッチ, リノ・グワンチャーレ, エミリア・ヴェルジネッリ, トビアス・モレッティ, エンニオ・ファンタスティキーニ
監督: カルロス・サウラ

解説

『イベリア 魂のフラメンコ』などのスペインの巨匠カルロス・サウラ監督が新解釈で臨んだ、オペラ「ドン・ジョヴァンニ」誕生の物語。1787年に初演され、大成功した名作オペラを作曲したモーツァルトと、劇作家ロレンツォ・ダ・ポンテの奇跡の出会いを描く。劇作家を演じるのは『ストーン・カウンシル』のロレンツォ・バルドゥッチ。オペラ作家の人生を軸に描かれる、現実とオペラの舞台が同時進行で語られるストーリーに引き込まれる。

あらすじ

1763年、ベネチアで暮らすユダヤ人少年エマヌエーレはキリスト教に改宗し、名前もロレンツォと改名する。やがて成長したロレンツォ(ロレンツォ・バルドゥッチ)は神父となるが、放蕩(ほうとう)生活に明け暮れたために、ベネチアからの15年の追放を宣告される。彼は自由な気風あふれるウィーンに渡り、モーツァルト(リノ・グアンチャーレ)と出会う。

タイトルとURLをコピーしました