洋画洋画ドラマ洋画ミュージカル洋画青春

アクロス・ザ・ユニバース

洋画

ACROSS THE UNIVERSE
製作年度:(2007)
製作国:アメリカ

出演: エヴァン・レイチェル・ウッド, ジム・スタージェス, ジョー・アンダーソン, デイナ・ヒュークス
監督: ジュリー・テイモア

解説

全編にわたってビートルズの名曲を使用し、1960年代のアメリカに生きる若者たちの青春を描いた異色ミュージカル。監督は『フリーダ』のジュリー・テイモア。『ダウン・イン・ザ・バレー』のエヴァン・レイチェル・ウッドと『ラスベガスをぶっつぶせ』のジム・スタージェスが、主人公の男女ルーシーとジュードを演じる。33曲におよぶビートルズ・ナンバーと歌詞を通して心情を吐露するキャストの熱演、さらにはジュリー監督ならではの独創的なビジュアル世界を楽しみたい。

あらすじ

イギリス・リバプールから、父親を捜しにアメリカへやってきた青年ジュード。
彼は,自由な大学生のマックスに出会い、その妹ルーシーに恋をする。
しかし、”If I Fell”や”Something”にのせて愛をささやきあう日々は、そう長くは続かなかった。
–激動する1960年代、アメリカ。
マックスはベトナム戦争に駆り立てられ、ジュードはルーシーとの恋に破れて、独りリバプールへ戻ってゆく。
そんなジュードに、遠くから”Hey Jude”と歌い掛けるマックス。
時代の荒波を越えて、ふたたび彼らがひとつになる日は来るのだろうか?

タイトルとURLをコピーしました