洋画洋画サスペンス

第三の男

洋画

製作年度:(1949)
製作国:日本

出演: ジョゼフ・コットン, オーソン・ウェルズ
監督: キャロル・リー

解説

第二次大戦後のウィーン。親友のハリー・ライムの招きでこの街を訪れた作家のマーチンは、到着早々、ハリーが死亡したことを知らされる。ハリーの死には三人の男が立ち会っていたと言うのだが、その三番目の男の正体を追って、マーチンは独自の調査を開始する。陰影や構図を凝らしたサスペンス・スリラー。同名のTVシリーズ(主演マイケル・レニー)も製作されている。

タイトルとURLをコピーしました