洋画洋画コメディ洋画ドラマ洋画ラブロマンス

おとなの恋には嘘がある

洋画

ENOUGH SAID
製作年度:(2013)
製作国:アメリカ

出演: ジュリア・ルイス=ドレイファス, ジェームズ・ガンドルフィーニ, キャサリン・キーナー, トニ・コレット
監督: ニコール・ホロフセナー

解説

共に離婚歴があり、娘の独り立ちが迫る中年男女に訪れた新たな恋の行方をつづるラブコメディー。気の合う男性と巡り合うも、失敗しないよう慎重になってしまうシングルマザーのリアルな心情をユーモラスに描く。監督は、人気テレビシリーズ「SEX AND THE CITY」に携ったニコール・ホロフセナー。出演は、テレビドラマ「となりのサインフェルド」などのジュリア・ルイス=ドレイファス、相手をテレビドラマ「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」などのジェームズ・ガンドルフィーニが好演する。

あらすじ

離婚後も充実した日々を送るボディーセラピストのエヴァ(ジュリア・ルイス=ドレイファス)は、名門大学に合格した娘の独り立ちが迫り、寂しさを覚えていた。そんなとき、友人のパーティーで自分と似た境遇で気の合う男性アルバート(ジェームズ・ガンドルフィーニ)に出会い惹(ひ)かれていくが、新しい顧客のマリアンヌ(キャサリン・キーナー)がアルバートの元妻であることを知ってしまい……。
離婚して10年が経つボディセラピストのエヴァは、娘の1人暮らしを控え、ブルーになっていた。そんな時、パーティでバツイチのアルバートと出会い、恋に落ちる。さらに新しい顧客のマリアンヌとの間に友情も芽生え、毎日が充実していく。だが、ある日衝撃の事実が彼女を襲う。アルバートはマリアンヌの元夫だったのだ!真実を知らないフリして、恋も友情も継続させる彼女だったが、ついに恐れていた事件が起きる……。

タイトルとURLをコピーしました