邦画邦画ドラマ

RIVER

邦画

製作年度:(2011)
製作国:日本

出演: 蓮佛美沙子, 根岸季衣, 田口トモロヲ, 中村麻美
監督: 廣木隆一

解説

2008年6月に起きた秋葉原無差別殺傷事件をモチーフに、恋人を失い心を閉ざした女性の再生をつづる人間ドラマ。恋人との思い出の地・秋葉原を訪れたヒロインが、さまざまな事情を抱えた人々との交流を通して再び前を向いて歩き出すまでを描く。監督は、『ヴァイブレータ』の廣木隆一。深い喪失感から立ち直っていくヒロインを、『転校生 -さよなら あなた-』の蓮佛美沙子が好演。共演には『きみの友だち』の柄本時生、田口トモロヲ、中村麻美ら個性派がそろう。

あらすじ

ひとり、秋葉原に降り立ったひかり(蓮佛美沙子)。彼女は、秋葉原の事件で恋人の健治を失って以来、現実世界の時は止まり、いまだ、彼と過ごした時間だけを生きている。
今、健治が足繁く通っていたこの街をひたすら歩き、人々を見つめるなかで、女性カメラマン(中村麻美)、健治が好きだった場所で遭遇する若者(柄本時生)、メイド喫茶のスカウトマン(田口トモロヲ)と、そこで働く同世代の桃(菜葉菜)らと知り合う。彼らはそれぞれに事情を抱えながらも懸命に生きている。その中の一人、地下道で暮らす佑二(小林ユウキチ)は、親と喧嘩して家を飛び出してきた過去をもっていた。そして、彼が捨ててきた故郷の変わり果てた様子がテレビ画面に映し出される……

タイトルとURLをコピーしました