洋画洋画サスペンス洋画犯罪

ジャッカー

洋画

COHEN AND TATE
製作年度:(1988)
製作国:アメリカ

出演: ロイ・シャイダー, アダム・ボールドウィン, ハーレイ・クロス, クーパー・ハッカビー, スザンヌ・サヴォイ
監督: エリック・レッド

解説

組織抗争の殺人を目撃したためFBIに証人として保護されている少年を二人の殺し屋が誘拐。組織の待つヒューストンまでの三人の奇妙な道行をサスペンスフルに描いたスリラー。「ヒッチャー」「ニア・ダーク/月夜の出来事」の脚本家E・レッドの監督デビュー作。

あらすじ

1988年11月1日、9歳のトラヴィス・ナイトはテキサスの犯罪組織の殺人を目撃。FBIは彼を保護したが、組織は彼から犯人を聞き出そうとした。トラヴィスが両親とFBIの護衛と暮らすオクラホマ州の人里はなれた一軒家に、組織から派遣された2人組の殺し屋コーエンとテイトがやってきた。2人は両親と護衛を射殺するとトラヴィスをつれて車でヒューストンへ向った。途中、トラヴィスは車の床にあった懐中電灯でコーエンを殴り脱出、たまたま通りかかったハイウェイ・パトロールの警官に助けを求める。ホっとしたのもつかの間、警官はコーエンにあっさり射殺され、トラヴィスは再び囚われの身に。若く血気盛んなテイトとベテランのコーエンは仲が悪く、トラヴィスは2人が仲たがいするよう心理戦を仕掛ける。警察の封鎖はパトカーを爆破して突破、いよいよヒューストンに近づくが、運転するコーエンを睡魔が襲った……。

タイトルとURLをコピーしました