邦画邦画ホラー

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版

邦画

製作年度:(2014)
製作国:日本

出演: 大迫茂生, 久保山智夏, 白石晃士
監督: 白石晃士

解説

口裂け女やかっぱなどちまたの怪奇・心霊現象や都市伝説をテーマに、ポイント・オブ・ビュー形式の撮影手法で製作されたホラーシリーズの劇場版。その村に来た人は発狂し、行方不明になるといううわさのあるタタリ村を取材に来たディレクターたちに降り掛かる恐怖体験を映し出す。メガホンを取るのは、『テケテケ』『讐 ~ADA~』シリーズなどの白石晃士。大迫茂生、久保山智夏といったシリーズのレギュラー出演者のほか、ライターとしても活動するアイドルの小明などが共演する。恐ろしさはもちろん、観客を驚かせるような展開に期待。

あらすじ

都市伝説や怪奇現象を調査する映像制作会社のディレクター工藤、アシスタント市川、カメラマンの田代。今回、彼らが取材するのは、その場所に行った者は必ず発狂し、その後行方をくらましてしまうというタタリ村。スタッフたちは浄霊師の字龍院、物理学者の斎藤、そしてアイドルの小明と一緒にタタリ村に足を運ぶ。

タイトルとURLをコピーしました