洋画洋画アクション洋画戦争

1945戦場への橋 -ナチス武装戦線-

洋画

DIE BRUCKE
THE BRIDGE
製作年度:(2008)
製作国:ドイツ

出演: フランカ・ポテンテ, フランシス・ゴルケ, ラース・ステインホヘル
監督: ウォルフガング・パンツアー

解説

1945年、第二次世界大戦末期のドイツ。ババリア地方の町に7人の若い兵士が任務を帯びて活動していた。彼らはヒトラーに忠誠を誓った10代の少年兵士。都市から移り住んできたアルバート。美しき未亡人イルフィと禁断の恋仲にあるウォルター。それぞれの想いを抱きながらも、彼らは、町の交通の要所である橋を連合軍の攻撃より守るために警備にあたっていた。突如、飛来する連合軍の爆撃機。激しい爆撃の中、ついに彼らから最初の犠牲者が出てしまう。圧倒的な物量の差がありながらも、彼らは自らの命をかけて任務を遂行しようとしていく。

タイトルとURLをコピーしました