洋画洋画アクション洋画サスペンス洋画犯罪

オーシャンズ12

洋画

OCEAN’S ELEVEN
製作年度:(2001)
製作国:アメリカ

出演: ジョージ・クルーニー, ブラッド・ピット, マット・デイモン, キャサリン・ゼタ=ジョーンズ, ジュリア・ロバーツ
監督: スティーブン・ソダーバーグ

解説

オーシャンとその仲間のあっと驚く犯罪をスリリングな展開で見せた『オーシャンズ11』の第2弾。監督は第1弾と同じスティーヴン・ソダーバーグで、主要キャストも続投。さらに『クリムゾン・リバー』のヴァンサン・カッセル、オスカー女優のキャサリン・ゼタ=ジョーンズが登場している。クールな映像とリズミカルな音楽もソダーバーグ監督のセンスのよさを感じさせるスタイリッシュな仕上がりになっている。

あらすじ

3年前カジノから大金をまんまとせしめたオーシャン(ジョージ・クルーニー)とその仲間たちだったが、金を奪われたベネディクト(アンディ・ガルシア)の怒りはおさまっていなかった。「1億6,000万ドルに利子をつけて返済しなければ命はない」と迫り、オーシャンたちは金を準備するためにヨーロッパへ飛ぶ。

タイトルとURLをコピーしました