邦画邦画アクション邦画時代劇

戦国番長 ガチザムライ

邦画

製作年度:(2010)
製作国:日本

出演: 石垣佑磨, 鈴之助, 大口兼悟, 井村空美, 市瀬秀和
監督: 西海謙一郎

解説

戦国時代を舞台に、農民でありながら兵にあこがれて立身出世を望み、野武士になった若者が、戦帰りの本物の侍を相手に最強の座を賭けて戦うサムライ・アクション。血気盛んな不良侍を演じるのは、『あずみ』シリーズや三池崇史監督作『十三人の刺客』でも侍役を務める石垣佑磨。戦国時代のヤンキーというコンセプトの下迫力のリアルファイトが展開するガチバトルに圧倒される。

あらすじ

乱世の戦国時代、衣笠村で野武士になった竜徳(石垣佑磨)とその仲間たち、権(鈴之助)と米助(大口兼悟)は、村人たちからは不良侍と呼ばれ、頭痛の種となっていた。ある日、因縁の村である吉見村を制圧した竜徳たちは得意になるが、本物の戦から帰ってきた鬼首村の城児魔(市瀬秀和)が現れたことで事態は急変する。

タイトルとURLをコピーしました