洋画洋画ドラマ

マンデラの名もなき看守

洋画

GOODBYE BAFANA
製作年度:(2007)
製作国:フランス/ドイツ/ベルギー/南アフリカ

出演: ジョセフ・ファインズ, デニス・ヘイスバート, ダイアン・クルーガー
監督: ビレ・アウグスト

解説

南アフリカ初の黒人大統領ネルソン・マンデラの“囚われの27年間”にスポットを当てた感動作。政治活動家として刑務所生活を強いられたマンデラと、彼との出会いによって社会を見つめ直す白人看守グレゴリーの交流が描かれる。監督は『ペレ』のビレ・アウグスト。マンデラを人気ドラマ「24」のデニス・ヘイスバートが、グレゴリーをジョセフ・ファインズが演じる。存命中の人物を魂を込めて演じたデニスの熱演と、知られざる感動秘話が堪能できる。

あらすじ

27年間囚われ、後の南アフリカ初の黒人大統領に就任したマンデラ氏の感動の実話を映画化!1968年アパルトヘイト政策下の南アフリカ共和国。刑務所の下士官ジェームズ・グレゴリーは、最悪のテロリストとされるマンデラの担当に抜擢される。任務に忠実なグレゴリーだったが、マンデラという人物に触れ、彼が自由のために払っている犠牲を知るにつれ、次第にマンデラに魅了され、彼が目指す平等な社会に憧れていく…。

タイトルとURLをコピーしました