洋画洋画アクション洋画コメディ

トロピック・サンダー/史上最低の作戦

洋画

TROPIC THUNDER
製作年度:(2008)
製作国:アメリカ

出演: ベン・スティラー, ジャック・ブラック, ロバート・ダウニー・Jr., スティーヴ・クーガン, ジェイ・バルチェル
監督: ベン・スティラー

解説

監督としても活躍する人気スター、ベン・スティラーが『太陽の帝国』に出演した約20年前にひらめき、長年企画を温め続けてきたサバイバル・コメディー。自己中心的な役者たちがアクション映画の撮影で東南アジアへ赴き、本物の戦争に巻き込まれてしまう。監督のベン共々主演を務めるのは、『スクール・オブ・ロック』のジャック・ブラックと『アイアンマン』のロバート・ダウニー・Jr。爆笑に次ぐ爆笑の展開と、多数の豪華ハリウッドスターによるカメオ出演が話題となっている。

あらすじ

高度成長期を迎えた50年代アメリカ、郊外の新興住宅地“レボリューショナリー・ロード”にある美しい住宅に住む結婚7年目のフランクとエイプリル。理想の夫婦に見えるふたりだが、夫は退屈な仕事に疲れ果て、妻はそんな夫への愛を見失いつつあった。喧嘩に明け暮れ、苛立つふたりはもう一度人生への情熱を取り戻すため、パリへの移住を決意する。ふたりはよみがえった希望に胸をはずませ、その生活は再び輝き始めたかに見えたが…。

タイトルとURLをコピーしました