洋画洋画サスペンス

ブルー・リベンジ (2013)

洋画

BLUE RUIN
製作年度:(2013)
製作国:アメリカ/フランス

出演: メイコン・ブレア, デヴィン・ラトレイ, エイミー・ハーグリーヴス
監督: ジェレミー・ソルニエ

解説

第66回カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞し、サンダンス映画祭でも上映されたサスペンススリラー。両親を亡き者にした犯人が刑期満了を待たずに出所したのを知ったホームレスの男が、両親の敵を討とうとする姿を追い掛ける。監督は『ジャズ・シンガー/ジャッキー・パリスの生涯』などでカメラマンとしても活躍してきたジェレミー・ソルニエ。主演は監督と共に、本作を機に注目を浴びることになったメイコン・ブレア。鮮烈なバイオレンス描写はもちろん、静かでエモーショナルなドラマに圧倒される。

あらすじ

ボロボロの青色のセダンを根城にし、誰とも関わらないようにひっそりと生きているホームレスの男ドワイト(メイコン・ブレア)。警察に呼び出された彼は、両親を殺した犯人が刑に完全に服すことなく刑務所から出されることを告げられて大きなショックを受ける。やがて、すさまじい怒りに駆られた彼は復讐(ふくしゅう)を決意。セダンを激走させ、釈放された犯人のもとへと向かうドワイト。だが、その復讐(ふくしゅう)劇は思わぬ事態を引き起こし……。

タイトルとURLをコピーしました