邦画邦画ドラマ

チロルの挽歌

邦画

製作年度:(1992)
製作国:日本

出演: 高倉健, 大原麗子, 杉浦直樹, 岡田英次, 阿部寛
監督: 富沢正幸

解説

以前は炭鉱で賑わったが、相次ぐ閉山で現在は過疎に悩む北海道納布加野敷(ぬぷかのしけ)市。市長の山縣(河原崎長一郎)は、東京にある関東電鉄から資本参加を受けてテーマパーク「チロリアンワールド」の建設を進め、市の活気を取り戻そうとしていた。
関東電鉄技術職の立石(高倉健)は、チロリアンワールド建設・運営統括にあたる後任者として、娘の亜紀(白島靖代)を東京に残して北海道に赴任する。その街には以前、立石が自殺を思いとどまらせた菊川(杉浦直樹)と駆け落ちして行方知らずだった、立石の妻・志津江(大原麗子)が菊川と衣料品店を経営して暮らしていた。
立石の赴任を知り、逃げ回る菊川。偶然顔をあわせたとき、立石は菊川に志津江を取り戻す意思があることを伝える。ますます立石の存在に耐えられなくなった菊川は立石に、この地から出て行ってほしいと頼み込む。志津江に未練を秘める立石は、3人で話し合うことを提案する。志津江も了承するが、事実上の「夫婦」として生活している二人の姿を見て、立石はチロリアンワールドの完成を見ずに職を辞して北海道を去ることを考え始める。
しかし、意図せず3者が顔をあわせることになった席で出された結論は、意外なものだった。
チロリアンワールドと妻への想いに揺れる立石。思いがけず再会した3人の悩みと新たな生活への模索、立石が赴任した理由、チロリアンワールド完成までの苦難と喜び、これらの話を軸に、爽やかな夏と厳しい冬の街に暮らす人々の人間模様と、時代の変わり目を迎えた街の姿を描く。

タイトルとURLをコピーしました