邦画邦画ドラマ邦画ラブロマンス

幸福の黄色いハンカチ (1977)

邦画

製作年度:(1977)
製作国:日本

出演: 高倉健, 倍賞千恵子, 桃井かおり, 武田鉄矢, 渥美清
監督: 山田洋次

解説

刑務所帰りの中年男が、偶然出会った若い男女とともに妻の元へ向かうまでを描いた山田洋次監督によるロードムービー。過去を持つ主人公の物語と若いカップルのラブストーリーが北海道の四季とともにつづられ、1977年に公開されるや大ヒットを記録し、その年の映画賞を独占した。主演は名優・高倉健、その妻役に倍賞千恵子、製作当時映画初出演の武田鉄矢、桃井かおりらが共演。日本映画史に輝く不朽の名作

あらすじ

失恋をしてヤケを起し、会社を辞めて北海道へとドライブの旅に出た青年、欣也(武田鉄矢)。同じように失恋の痛手を負った朱美(桃井かおり)をナンパすることに成功する。
そんなふたりが炭鉱夫を名乗る中年男、勇作(高倉健)と出会ったのは刑務所のある町、網走。行くあてのない3人の旅が始まる。
しかし、勇作には秘められた過去があった。走る車の中で重い口を開き、己の過去、そして妻の光枝(倍賞千恵子)との思い出話を語り出す勇作。
光枝に書いた手紙の中で、勇作は自分の気持ちを“黄色いハンカチ”に託したという。欣也と朱美は光枝が待つ夕張に車を走らせるが…。
北海道の原野を舞台に描かれる、日本映画を代表するロードムービーの傑作。主要な映画賞を軒並み独占! 不器用な男の優しさが胸にしみる、高倉健の代表作。

タイトルとURLをコピーしました