洋画洋画アクション

ヘルライド

洋画

HELL RIDE
製作年度:(2008)
製作国:アメリカ
映倫 R-15

出演: ヴィニー・ジョーンズ, デニス・ホッパー, ラリー・ビショップ, マイケル・マドセン, デヴィッド・キャラダイン
監督: ラリー・ビショップ

解説

1960年代末からアメリカで人気を集めた、B級アクション映画“バイカー・フィルム”を現代によみがえらせた過激な問題作。バイク野郎たちのセックス、ドラッグ、ロックンロールな日々を熱く描写する。この分野の作品のオタクを自認するタランティーノ監督の提案で本作で監督、脚本、製作、主演を務めたのは『キル・ビル Vol.2』のラリー・ビショップ。マイケル・マドセンやデニス・ホッパーら、そのほか共演者の意外とおちゃめな一面も楽しめる。

あらすじ

バイカー・チーム“ヴィクターズ”のメンバーの一人が宿敵“シックス・シックス・シックス”の手にかかり命を落とす。リーダーのピストレロ(ラリー・ビショップ)は、ジェント(マイケル・マドセン)、コマンチ(エリック・バルフォー)らと復讐(ふくしゅう)を胸に誓う。3人はまずトレーラーにいたシックス・シックス・シックスのメンバーを血祭りにあげ……。

タイトルとURLをコピーしました