邦画邦画ホラー

貞子3D

邦画

製作年度:(2012)
製作国:日本

出演: 石原さとみ, 瀬戸康史, 山本裕典, 田山涼成, 橋本愛
監督: 英勉

解説

Jホラーの大ヒット作として、世界をも席巻したホラー・シリーズの第4弾。テレビの画面から飛び出し、恐怖を振りまいてきた貞子が、動画投稿サイトを通して、新たな阿鼻(あび)叫喚の物語を始動させる。主演はホラー映画初挑戦となる『フライング☆ラビッツ』の石原さとみ、その恋人役で『仮面ライダーキバ』シリーズの瀬戸康史が共演。監督は、『ハンサム★スーツ』『高校デビュー』などの英勉。ラブロマンスやコメディーを得意としてきた彼が、ホラー作品でいかなる演出手腕を発揮するのかも気になるところだ。

あらすじ

鮎川茜(石原さとみ)が教師として勤める高校で、ある男の自殺を生中継した動画が噂となる。
その動画を見たものはすべて死んでしまうという。
そんな時、茜の教え子、典子が不可解な死を遂げる。
さらに各地でも同じような不審死が相次ぐ。
警察は一様に自殺と断定するが、みな共通して死の直前にある動画を見ていた。
その動画からは、「お前じゃない・・・」という女の声が聞こえるー

タイトルとURLをコピーしました