邦画邦画ドラマ邦画青春

クジラのいた夏

邦画

製作年度:(2014)
製作国:日本

出演: 野村周平, 松島庄汰, 浜尾京介, 松岡卓弥, 佐津川愛美
監督: 吉田康弘

解説

テレビドラマ「35歳の高校生」などで注目を浴びる野村周平が主人公を演じた青春ドラマ。怠惰な日々を過ごす中で上京を決意した青年と、彼の送別会を開く親友たちの姿を通し、若者から大人へと成長する過程における苦悩や葛藤を浮き上がらせる。メガホンを取るのは、『旅立ちの島唄 ~十五の春~』などの吉田康弘。『大奥』などの松島庄汰をはじめ、浜尾京介、松岡卓弥らが共演。誰もが体験するモラトリアム期をみずみずしく切り取ったタッチが、観る者にビターな感動をもたらす。

あらすじ

何も目的や夢もなくただ日々生きている地方都市の青年“チューヤ“(野村周平)が、ふと東京に出ることを決めた。
そして地元を離れる最後の日に高校時代からの親友のJ“ジェイ”(松島庄汰)とギズモ(浜尾京介)そして町田(松岡卓弥)が大送別会を開くことに。
過去の想い出にしがみついて、引越に足踏みしているチューヤに対し、彼らはある提案をする。
そんな時、上京し芸能人として活躍しているはずのかつての憧れの先輩、弓子(佐津川愛美)が現れた事で、チューヤの心は揺らぎだす。
地元に留まるべきか、離れるべきか・・・大人になりきれない地方の若者たちの物語がはじまる。

タイトルとURLをコピーしました