洋画洋画ドラマ洋画戦争

ヒトラー ~最期の12日間~

洋画

DER UNTERGANG
DOWNFALL
製作年度:(2004)
製作国:ドイツ/イタリア

出演: ブルーノ・ガンツ, アレクサンドラ・マリア・ララ, ユリアーネ・ケーラー, トーマス・クレッチマン
監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル

解説

本年度アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた衝撃作。監督は『es』のオリヴァー・ヒルシュビーゲル。『ベルリン・天使の詩』のブルーノ・ガンツがヒトラーにふんしている。本国ドイツでは映画公開自体が一つの事件として大きな社会現象を巻き起こした作品。

あらすじ

1945年4月20日、ベルリン。
せまりくるソ連軍の砲火を避けるためヒトラーはドイツ首相官邸の地下要塞に退却していた。
味方すら敗戦を疑うものはいなかったが、もはやヒトラーは正常な感覚を失いつつあった。
ついに敗北を決意した彼はある重大な決意をすることになる。

ヒトラー最後の12日間を、秘書、ユンゲが敗戦後はじめてあからさまに告白した実話。

タイトルとURLをコピーしました