洋画洋画ドラマ洋画伝記

ラリー・フリント

洋画

THE PEOPLE VS. LARRY FLYNT
製作年度:(1996)
製作国:アメリカ

出演: ウディ・ハレルソン, コートニー・ラブ, エドワード・ノートン
監督: ミロシュ・フォアマン

解説

ポルノ雑誌「ハスラー」の創刊者ラリー・フリントは、J・オナシス(ケネディ元大統領夫人)のヌード写真をスクープした号の大ヒットでアメリカン・ドリームを手に入れる。
しかし、そのスキャンダラスで不道徳な内容から、ついには猥せつ罪で起訴されてしまう。憲法修正第1条に基づく「表現の自由」を盾に、ラリーは最高裁判所に上訴するのだが・・・。
『アマデウス』でアカデミー賞ィ8部門受賞の快挙を達成したミロシュ・フォアマン監督作。
2003年カリフォルニア州知事選挙に立候補、その健在ぶりをみせつけた実在の人物ラリー・フリントの衝撃的な人生を描き、数々の賞を受賞した問題作。

タイトルとURLをコピーしました