洋画洋画アクション洋画コメディ洋画犯罪

ロックンローラ

洋画

ROCKNROLLA
製作年度:(2008)
製作国:イギリス
映倫 PG-12

出演: ジェラルド・バトラー, トム・ウィルキンソン, タンディ・ニュートン, マーク・ストロング, イドリス・エルバ
監督: ガイ・リッチー

解説

『リボルバー』などで知られるイギリスの鬼才、ガイ・リッチーが脚本と監督を手掛けた最新作。経済的に潤うロンドンを舞台に、その大金に群がる人々の駆け引きをスタイリッシュにみせる。俳優陣も『幸せの1ページ』のジェラルド・バトラーをはじめ、『フィクサー』のベテラン、トム・ウィルキンソンや『クラッシュ』のタンディ・ニュートンら豪華メンバーがそろった。個々の物語が複雑に絡み合い、やがて一つの結末に向かって集結させる手腕にうなる。

あらすじ

不動産業がドラッグに取って代わって最大の市場となり、犯罪者がそのもっとも熱心な“ビジネスマン”になっているロンドン。ワンツーのような街のケチな悪党から、ユーリ・オモヴィッチのようないかがわしいロシア人大富豪まで、その市場に参入したい者が頼るのはただひとり、レニー・コールだ。 昔かたぎのギャングであるレニーは、どこに“油”を注げばいいかを熟知し、必要な役人、ブローカー、あるいはギャングを一瞬で丸め込める。彼なら電話1本で煩雑な手続きを省略させることができるのだ。だが、レニーの腹心アーチーはボスに忠告する。ロンドンもいつまでも昔のままではない。今はまさに激変の時代。いわゆる旧東側諸国からの大物ギャングの台頭、目を血走らせた街の悪党ども、そしてその中間にいる誰もが、商売と犯罪のルールを変えようとしのぎを削っている。混戦状態のなか、ロンドンの犯罪社会がこぞって互いにだまし合い、結託し、さらには衝突しながら分け前にあずかろうとする。だが、大物、小物が入り乱れて優位に立とうとするなかで、大金がかかった取引の運命はドラッグ中毒のロックスター――死んだと思われているが実はピンピンしているレニーの義理の息子――の手中に落ちたのだった……。

タイトルとURLをコピーしました