洋画洋画アクション洋画サスペンス

パニッシャー:ウォー・ゾーン

洋画

PUNISHER: WAR ZONE
製作年度:(2008)
製作国:アメリカ
映倫 R-15

出演: レイ・スティーヴンソン, ドミニク・ウェスト, ジュリー・ベンツ, ダグ・ハッチソン
監督: レクシー・アレクサンダー

解説

過去に2度映画化されたマーベル・コミックの人気ヒーロー、パニッシャーを主人公にしたバイオレンス・アクション。ニューヨークを舞台に、パニッシャーと最悪の敵ジグソウの攻防を描く。監督は元世界女性空手チャンピオンのレクシー・アレクサンダー。パニッシャーをテレビドラマ「ROME[ローマ]」のレイ・スティーヴンソンが演じる。大人の読者がターゲットになっている“PUNISHER MAX”シリーズの世界観を存分に生かした、ダークでハードな展開が見どころ。

あらすじ

法で裁けぬ凶悪犯に、たった一人で制裁を加える孤高のダーク・ヒーロー“パニッシャー”ことフランク・キャッスル。
彼の新たなターゲットは、ある巨悪な犯罪組織の中で最も邪悪と言われるビリー・ルソッティ。
居場所を突き止めたフランクは、その犯罪組織のパーティ会場とアジトに奇襲をかけビリーに処刑を決行する。
しかし、その時誤ってFBIおとり捜査官を殺してしまう。
善と悪の狭間で葛藤し苦悩するフランク。
一方、ガラス粉砕機で顔面をズタズタにされ、見るも無残な姿にされたビリーは“ジグソウ”と新たに名を変え、N.Y.の武装マフィアを掻き集め、あらゆる手を使い宿敵“パニッシャー”に怒濤の復讐を仕掛けてくる!!

タイトルとURLをコピーしました