洋画洋画ドラマ洋画伝記

MISHIMA

洋画

MISHIMA: A LIFE IN FOUR CHAPTERS
製作年度:(1985)
製作国:アメリカ/日本

出演: 緒形拳, 沢田研二, 坂東八十助, 永島敏行
監督: ポール・シュレイダー

解説

三島由紀夫の生涯を、『美』、『芸術』、『行動』、そして『文武両道』の4部構成で描く。第1部『美』には『金閣寺』、第2部『芸術』には『鏡子の家』、第3部『行動』には『奔馬』(『豊饒の海』第二部)の三つの三島文学を映像化したものと、三島が自決した『1970年11月25日』を描いたドキュメンタリー調のシークエンス、それに三島の半生をモノクロームで描いた『フラッシュバック(回想)』のシークエンスを交えた構成となっている。第4部『文武両道』には三島文学の映像化は含まれず、1970年11月25日を描いたシークエンスと、フラッシュバックのシークエンスにより描かれた。
緒形拳が三島の役を熱演している。緒方は1970年11月25日に起きた陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地での籠城事件、自衛隊決起を促す演説、そして最後の割腹自殺までを演じた。

タイトルとURLをコピーしました